サビトラはED治療にたいしてどのような効果があるのかご説明します。

サビトラの効果

ED治療薬のサビトラには、ED(勃起不全)の症状を改善させる効果があります。

錠剤タイプの医薬品であり、服用すると有効成分のバルデナフィルが効果を発揮して、EDの症状が改善されます。

ただし、有効成分が体の中に残っている間だけ効く、という点には注意する必要があります。1錠のめば一生EDで困ることはない、というわけではありません。

ED治療薬は、EDの直接的な原因である血行不良を改善させる働きがあります。

詳しい作用機序(メカニズム)についてはのちのち解説しますが、簡単にいえば血管の拡張、血液の流入をサポートします。たくさんの血液が男性器に流れ込むことで、その分だけ男性器を構成する海綿体が増大し、しっかりした勃起状態になります。

結果的に、中折れすることもなく性行為をまっとうすることができるのです。

ところで、上にはサビトラの効果は一過性のものである、有効成分がなくなれば効果はなくなるということを書きましたが、精神的なトラウマが原因のED=心因性EDの中には、サビトラを何回か使用することで完全に治療することが可能な場合もあります。

たとえば、初めての性行為で緊張と焦りのために挿入がうまくいかなかった、というトラウマを抱えて心因性EDになっている人がいるとしましょう。

彼のEDは、「また挿入がうまくいかないのではないか」という不安が原因となっているものです。そこで、サビトラを使用します。

性的興奮に合わせて血液をたっぷり男性器に送り込むサビトラの働きによって正常な勃起が可能になり、性行為をまっとうすることができるようになれば、彼は自信をつけることができます。不安が去ります。その結果、以後はサビトラを飲まなくても正常な勃起ができるようになる=完治する、となる場合があるのです。

サビトラの作用機序

EDになっているとき、男性の下半身ではPDE5と呼ばれる酵素が働いています。

この酵素は、通常なら勃起が収束するときに働くもの。勃起した男性器を通常サイズに戻す働きを持っています。

しかし、さまざまな原因で、勃起が起ころうとするタイミングでPDE5が働きます。

その結果、これから勃起しようというときに勃起が収束状態になってしまう=EDになってしまうのです。

具体的には、PDE5は男性器に血液を流し込むために拡張しようとする血管を通常の太さに戻してしまいます。

そこで効果的に働くのが、サビトラに含まれる有効成分バルデナフィル。

この成分には、PDE5を阻害する働きがあります。

PDE5の働きを阻害して血管の拡張を促し、血流量を結果的に増加させます。

その結果、勃起不全にならず正常な勃起、正常な性行為ができるようになるというわけです。

このようなメカニズムを持つことから、バルデナフィルを称して「PDE5阻害薬」と呼ぶことがあります。ちなみにバイアグラの有効成分シルデナフィル、シアリスの有効成分タダラフィルも、同じ「PDE5阻害薬」です。

サビトラの特徴

バルデナフィルを有効成分とするサビトラの特徴は、効果が現れるまでの時間が短めであるということ。これは、サビトラのもとになったED治療薬レビトラも同じです。

たとえば、世界初のED治療薬として登場したバイアグラは、1錠服用したあとで平均して1時間ほど待たなければ効果を発揮しません。

しかし、一方でサビトラやレビトラに含まれる有効成分のバルデナフィルは、早ければ15分ほどで効果を発揮します。

それほど早い人でなくても、だいたい30分ほどで効果が現れるといわれています。

即効性の秘密は、バルデナフィルの水溶性の高さ。

水に溶けてすぐに体内に浸透するので、その分スピーディに効果を発揮しはじめます。

ちなみに、その効果がピークに達するのは、効果が現れ始めてから15分後。服用後30~45分で最高潮に達するので、たとえばベッドに入る直前に服用すると、挿入前の前戯に時間を取り、ちょうどいいタイミングで効果を発揮します。

また、バイアグラに比べると食事の影響を受けにくいという特徴がある点も見逃せません。バイアグラの場合、服用する前にご飯を食べると効きが悪くなる場合がありますが、サビトラは、少量で脂っこくなければ食事をしても問題ないとされています。

icon