サビトラはED治療の効果だけではなく副作用も存在します。

軽微な副作用

サビトラは、もとになったED治療薬レビトラの性質を受け継いだすぐれたジェネリック医薬品です。有効成分のバルデナフィルがスピーディに効果を現し、EDを解消させます。

とはいえ、サビトラには副作用も考えられるので要注意です。

軽微な副作用にとどまる場合もあれば、きわめてまれではありますが、重篤な副作用が現れるケースもあります。

サビトラの副作用のうち、軽微なものとして挙げられるのは頭痛や鼻づまり、顔のほてり、目の充血など。いずれも有効成分のバルデナフィルが持つ血管拡張作用によるものです。

たとえば頭痛は、こめかみの毛細血管が拡張して周囲の神経や組織を圧迫することで起こるといわれています。鼻づまりは鼻の奥の、顔のほてりは顔面の、目の充血は眼球の、それぞれ血管が拡張することで起こるものです。

とはいえ、「軽微なモノ」と書いている通り、多くの場合は「ちょっとズキズキするかも」「顔が暑いかも」程度ですむレベルです。七転八倒するような頭痛に襲われたり、顔が真っ赤になるほど火照ったりすることはありません。また、何度か服用するうちに体が慣れて頭痛などはあまり出なくなることも考えられます。

また、そもそも副作用は人によって出るか出ないか、軽くて済むか少々重くなるか、それぞれ異なります。体質や体調によってはまったく出ないという場合もあるので、それほど気にし過ぎる必要はないといえるでしょう。

また、特に軽微な副作用の中でも気になりがちな頭痛は、ある方法をとることで解消することができます。ドラッグストアで購入できる市販の頭痛薬を使用するという方法です。

「サビトラを飲んだら頭痛があった」という経験をお持ちの方は、次に使用するときは「ロキソニン」などの頭痛薬をわきに置いておくといいでしょう。

ただし、どんな薬でも同じことがいえますが、上にも書いたように人によって程度が異なります。あまりにも頭痛が激しいという場合などには、無理して服用せずに病院などで相談しましょう。

重篤な副作用

サビトラは、きわめてまれなことではありますが、生命にかかわるような重篤な副作用を引き起こす可能性があります。ほとんどの方は心配する必要はありませんが、特に高齢の方は注意したほうがよさそうです。

その副作用とは、心臓関係のもの。

たとえば「心筋梗塞」の可能性があることが報告されています。

心筋梗塞とは、心臓につながる重要な血管、冠動脈が詰まってしまうことによって心臓の働きがストップしてしまう病気のこと。放置しておくと死に至る病気です(しっかり処置すれば治療可能です)。

また、「狭心症」の可能性もあるとされています。

狭心症は心筋梗塞の前兆のようなもので、冠動脈が完全に詰まるわけではなくきわめて狭くなってしまうために胸が痛くなる、苦しくなるという病気のこと。何らかの理由で、サビトラの有効成分のバルデナフィルがそのような状況を作り出してしまうわけです。

また、アナフィラキシーショックという症状を引き起こす可能性があります。

アナフィラキシーショックとは、簡単にいえばアレルギー反応の激しいバージョンのこと。体が拒否反応を起こしてしまうというものです。

血管が弱りやすい高齢の方、特に実際に狭心症や心筋梗塞になって間もない方はサビトラの使用を控えること。また同じく、以前バルデナフィルを服用した際にアレルギー反応が出た経験がある方はサビトラの使用を控えること。

これが、副作用を避けるための確実な方法といえます。

当てはまる方は、ほかの薬やサプリメントを使用してEDの解消を試みたほうが良いといえるでしょう。

icon